相談業務

【相談業務】
相談項目
1. 住宅ローン相談
2. 教育資金相談
3. 家計見直し相談
4. 保険見直し相談
5. 資産運用相談
6. 相続・贈与相談
7. リタイア相談

【住宅ローン相談】

1-1. 住宅ローン相談

・「お客様にとって、ベストな住宅ローン」とは、必ずしも低金利の住宅ローンだけではありません。現在、低金利であればあるほど最高の住宅ローンであると思わせる情報であふれかえっていますが、本来お客様一人一人の世帯状況や生活環境に応じて、無理なく返済でき確実に住宅を購入できる商品こそ「最高の住宅ローン」なのではないでしょうか

・弊社は、元銀行員のファイナンシャル・プランナー(FP)が「買える額」をベースに資金計画をたて、無理なく返済でき、確実に住宅を購入できる住宅ローンをお客様の身になってお世話しております。当然、住宅ローンに関する難しい専門用語や仕組みについても、やさしく、わかり易くご説明しております。さらに、「キャッシュフロー表」を作成して返済に安心をプラスしております。
また、30代子育て世代のお客様を対象としているので、お子様の教育資金についてもお気軽にご相談下さい。

「住宅ローン」の相談をお受けする手順を、下記でご説明します。

まず、最初に『秘密保持契約書』を締結したあと、下記の手順でご相談をお受けします。

step 1 
◆お客様の家族構成や生活状況をお伺いします
・ご家族構成と年齢、勤務先、学校、お子さまの進学やまとまった出費、リタイア後の予定などを伺います。

step 2
◆大雑把なキャッシュフロー表を、作成します。
・家計の収支状況・資産状況等をお伺いした後、キャッシュフローを作成します。同時に「個人信用情報」についてもご説明します。

step 3
◆「買える額」をベースに、購入可能な価格をシミュレーションいたします。
・現在のお手持ちの資金、何歳まで安定した収入が見込めるのか、リタイア後の収入とライフプランを検討して、無理なく返済できる住宅購入価格を検討いたします。

step 4
◆お子様の教育資金やライフイベントに必要な資金を、お客様とともに確認します
・お子さまの大学卒業までの教育費や、老後資金の準備など、住宅ローン以外に必要な資
 金を確保したうえ、返済可能な金額を算出します。

step 5
◆今までの条件を踏まえて、いくら住宅ローンを借入できるのか検討します。
・年収基準・返済比率・借入期間・金利・条件等を確認するとともに、立地や交通の便など購入希望住宅の条件を整理したうえ、住宅ローンの借入金額をご一緒に検討します。

step 6
◆住宅ローンの細かい条件をご説明します。
・金利や返済期間、条件等を踏まえて金融機関を選択するアドバイスをおこないます。ま
 た手付金、仲介手数料、登記費用、税金など住宅取得に必要な諸費用についての概算
金額やどの段階で支払いが必要になるかをご説明します。

step 7
◆団体信用生命保険や火災保険についてご説明します。
・団体信用生命保険や火災保険、地震保険についてご説明します。生命保険は、住宅を購
 入すると必要保障額も減るので家計の負担を軽減するためにも、見直すことをお勧めし
ます。また、万一に備え火災や地震保険も必要となりますので、どのような補償がある
と良いのかご説明します。

step 8
◆全体をもう一度再確認します。
・最後に、ライフプラン全体から見て住宅ローンの返済計画が無理のないものかどうか、
お客様と一緒に再確認します。

step 9
◆購入予定住宅を選び購入できるようになったら、住宅ローンの申し込みをします。
・実際に購入予定住宅を見学して確認したのち、お客様の希望に叶ったものであれば売買
契約を締結したあと、住宅ローンの申し込みをします。

step 10
◆住宅ローンの審査が通ったら、金融機関と「金銭消費貸借契約」を結びます。
・金融機関とお金を借りる契約を結び、融資の詳しい説明を金融機関から受けます。

step 11
◆お金を借りて売買取引を済ませた後で、鍵の引き渡しを受けて入居します。
・「金銭消費貸借契約」に基づき、金融機関からお金を借りて売主に残代金や諸費用を
払って売買取引が無事終了します。

◆念願の「マイホーム」購入!! あとは、毎月返済を期限まで続けることになります。

以上、住宅ローンのご相談から、購入までの一連の流れを簡単に記載しました。


【 ご 参 考 】

住宅金融支援機構が提供する「シミュレーション・ツール」をご紹介します。 
住宅金融支援機構の下記URLから
https://www.flat35.com/simulation/simu_03_2.html
下記のローンシュミレーションをすることができます。
(Ctrlキーを押しながらクリックして、リンク先を表示してください)
借入希望金額から返済額を計算
毎月の返済額から借入可能金額を計算
年収から借入可能額を計算
【フラット35】 らくらく診断
【ダブルフラット】 らくらく診断
返済プラン比較シミュレーション
資金計画シミュレーション
借換えシミュレーション
返済方法変更シミュレーション


上記シミュレーションは、住宅金融支援機構が提供するものであり、弊社はその結果について一切の責任を負うものではありません。

 


 

メールによる、お問い合わせはこちらをクリックしてください。